戦後に出来た「大阪環状線と弁天町駅」

JR大阪環状線は、大阪では基幹の一つともいえる鉄道である。だから相当古い歴史を持つのかというと、全通したのは戦後、それも高度経済成長が始まった、昭和30年代の1961年(昭和36年)だったというと、びっくりする人も多いのではないか。中でも弁天町駅は一番新しく、この全通のときから、はじめて運用された駅なのである。
明治も30年代に入って、大阪鉄道など民間の会社が、いろいろ設立され、今の大阪環状線の東側、大阪~天王寺簡に城東線、大阪~桜島間に西成線、湊町~名古屋に関西線など、次々と鉄道を建設して行った。そして明治39年(1906年)に、これらをまとめる鉄道国有化法が成立し、正式に大阪~天王寺間が国鉄城東線、大阪~桜島(最初は、天保山の対岸にあるため、天保山という駅名だった)間が、国鉄西成線、湊町(現在のJRなんばで地上にあった)~名古屋間が、国鉄関西本線となった。それから半世紀以上、この三つの国鉄は、大きく路線や駅が変わることなく、運用されてきたのである。
それが戦後、東京の山手線のように、環状につなごうという話になって、工事が始まった。そのときには、この三つの路線だけでなく、関西本線の今宮駅から西に延び、木津川を渡って大正区の北端をかすめ、さらに尻無川を渡って港区に入り、福崎地区の貨物ヤードまで延びていく、貨物のみで、乗客を扱わない、大阪臨港線が出来ていた。このため、この臨港線の、港区に入ったばかりのところにある、境川ジャンクションから、新線を、西成線の西九条駅に向けて、高架で建設することになり、安治川を越える橋梁や、弁天町駅が新設されることになったのである。